うつ病は早期治療が大切|精神科や心療内科を受診する

うつ病を治療する

ハートを持つ医師

精神科や心療内科でうつ病を治療する際には、心身共に休める環境を整える必要があります。精神的負担がある状態で治療を進めたとしても、うつ病を治すことはできません。より安心して休める環境があれば、順調に症状を改善していくことができるはずです。

詳しく読む

優良な病院を選ぶ

カウンセリング

うつ病の治療を効果的に進めていくためには、治療を行なう医師との信頼関係が大切になります。より信頼できる医師のいる病院を見つたいと考える時には、医師がどれだけ親身になって治療に携わってくれるか見ておく必要があるでしょう。

詳しく読む

心的症状と身体的症状

女医

日本に住む数多くの人々の中には、心のバランスが崩れたままになってしまっている人がいます。そういった状態を引き起こしているのは、「うつ病」と呼ばれる精神疾患です。この精神疾患は、脳機能の低下が原因であると一説では言われています。近年では、日本国内におけるうつ病患者の数は増加している傾向がみられ、それに伴って「うつ病」という病名が広く知られるようになりました。しかし、多くの人は病名を知っているだけで、この精神疾患によって引き起こされる詳しい症状までは知りません。基本的に知られている症状としては、感情障害と呼ばれる症状でしょう。感情障害は自身の感情をコントロールできなくなるといった症状で、うつ病患者に限らず健常者でも日常生活の中で起こりえる症状です。ただ、健常者であれば感情障害の症状が現れたとしても自然に症状は解消されます。そのため、健常者から見るとうつ病というのは、「甘え」であったり「心の弱さ」であったりと感じられることがあるのです。しかし、それは大きな誤解です。うつ病を患っていると、健康だった時に自然に解消されてきた感情障害といった症状が、自然に解消されなくなってしまうのです。つまり、一度感情障害の症状が現れると、自身の感情をコントロールできない状態から抜け出せなくなってしまうということになります。それによる精神的負担の大きさは、健常者の方では想像もできないものだと言われているのです。前述した通り、こういった症状は脳機能の低下が原因となって引き起こされます。具体的に言えば、脳内で分泌されている神経伝達物質のバランスが崩れることが原因で、そのバランスを正常な状態に戻すことができれば治療することができます。このように、うつ病は「甘え」や「心の弱さ」ではなく、治療することができる病気(精神疾患)なのです。

うつ病を患うことで現れる症状は、感情障害のような心的症状だけではありません。そういった心的症状の他に、身体的症状も現れるのです。この病気によって現れる身体的症状というのは、「睡眠障害」や「食欲不振・過食」、「倦怠感・疲労感」、「血行障害」、「運動機能の低下」等になります。それらの症状はどれも生活に支障をきたす可能性があるものとなっているため、うつ病の疑いがある場合には早期に治療を始める必要があるでしょう。睡眠障害の症状が現れた時には、質の良い睡眠がとれなくなってしまいます。質の良い睡眠がとれないということは、身体も脳も休めることができない状態になってしまうのです。食欲不振や過食についても、健康状態を悪化させてしまう要因となります。そのため、早期に治療を始めなければ、症状は悪化する一方です。症状が悪化してしまうと、それだけ治療に掛かる期間は長くなるでしょう。もし、この病気を治療したいと考えているのであれば、精神科や心療内科の受診をお勧めします。精神科や心療内科であれば、カウンセリングと抗うつ剤による投薬治療を通して、徐々にうつ病の症状を緩和していくことができるのです。すぐに治せる訳ではありませんが、前述した通り早期に治療を開始するほど早く治すことができます。

検査の確実性を高める

頭を抱える男性

どういった精神疾患であっても、正しい診断・正しい治療法を受けなければ改善することはできません。うつ病の治療を受けているが全く症状が改善しないという人がいるのであれば、光トポグラフィー検査を受けてみることをお勧めします。

詳しく読む

うつ病になりやすい性格

女医

真面目な方や完璧を求めすぎる人というのは、うつ病になりやすいと言われています。そういった人の中で、うつ病の疑いが少しでもあるのであれば、専門の医療機関を受診して検査を受け、治療を始めましょう。

詳しく読む

うつ病の種類

メンズ

うつ病には幾つかの種類が存在し、その種類によって現れる症状が大きく異なります。中には身体的症状が先に現れるものも存在するため、うつ病かどうか判断したいと考える時には、専門の医療機関を受診しましょう。そこでは、適切な治療も受けられます。

詳しく読む