うつ病は早期治療が大切|精神科や心療内科を受診する

検査の確実性を高める

頭を抱える男性

うつ病治療を受けるためには、検査を通してうつ病であると診断されなければなりません。しかし、そういった診断をくだすための検査というのは、主にカウンセリングによって行われるのです。カウンセリングでは、基本的に主観的な判断材料しか得られません。そのため、正確な診断をくだせるかどうかは医師の積んできた経験によって変わってくるのです。また、どれだけ経験を積んだ医師であっても、間違った診断をくだしてしまう可能性もあります。精神疾患には様々なものが存在し、その中には症状の似通ったものも存在します。そのため、カウンセリングにより得られる主観的な判断材料だけでは、正確な診断をくだすことが難しいのです。診断内容が間違っていると、正しい治療を進めることができません。

うつ病を含む全ての精神疾患は、正しい診断と正しい治療法によって効果的に改善していくことができるのです。最近では、うつ病検査の確実性を向上させる補助技術として、「光トポグラフィー」と呼ばれるものが登場しました。光トポグラフィーは近赤外線を照射することで脳(前頭葉)の血流を可視化し、その血流パターンから精神疾患の種類を判別するといった医療補助技術です。補助技術と記載している通り、光トポグラフィーはあくまでも診断結果の確実性を向上させるための技術となります。誤解されやすい点ではあるのですが、光トポグラフィーを用いた検査の正確性は100%ではないので注意しましょう。この補助技術を用いた場合の正確性は80%前後だと言われており、カウンセリングのみの診断に比べて正確な診断をくだすことができます。もし、うつ病と診断されているがその治療の効果を得られていない方、またはその他の精神疾患と診断されているが継続している治療の効果を得られていないという人がいるのであれば、光トポグラフィーを用いた検査を受けることをお勧めします。